メルマガ反応率が劇的に変化!マーケティングオートメーションを活用した業績改善

マーケティングオートメーションとは

最近マーケティングオートメーションと言う言葉を耳にする機会があった方もいるのではないでしょうか。マーケティングオートメーションとは、獲得した見込み客の情報を、営業パーソンへ引き継ぐまでのマーケティング業務を、ソフトウェア用いて管理し、自動化・最適化する仕組みのことをいいます。マーケティング先進国であるアメリカでは一般的になっており、日本でも導入する会社が増えてきており、注目を集めています。 マーケティングオートメーションを導入することによって、効率よくマーケティング業務を行うことができ、営業の案件の成約率の改善につながったり、売り上げアップにつながる企業が増えています。 現在、ネット社会であることもあり、マーケティングオートメーション市場は、これから増加するといえるでしょう。

マーケティングオートメーションのメリット

マーケティングオートメーションを導入するメリットがいくつかあります。
一つ目は、ミスを発生させるリスクを減らすことが出来ます。メールなどを配信することが多くありますが、配信日時や送信先を間違えることが減ります。
二つ目は、データなどの統合管理ができるということです。バラバラになりがちである、見込み顧客情報やマーケティングデータなどを一括管理出来ます。その為、仕事を効率よく行うことが可能になります。
三つ目のメリットは、見込み顧客の状況に合わせた対応ができるということです。営業活動とマーケティング施策の連携がスムーズに行うことができるので、状況を把握しやすく対応が出来ます。このことが、売り上げアップにもつながります。