痒い所に手が届く!マーケティングオートメーションで顧客の「欲しい」を狙う

見込み客を自動でピックアップ

マーケティングオートメーションは、マーケティングにおける見込み客を次々にピックアップするシステムで、営業部門に有効な商談を渡すことが出来ます。メール配信をはじめ、ウェブの閲覧履歴の集計、そして既存ユーザーの趣向分析などを自動で行なえます。趣向分析に関しては、具体的な将来予測やランディングページでのフォーム作成など、顧客との関係強化に必要な情報を取得するわけです。マーケティングオートメーションにはBtoCに強いタイプと、BtoBに強いタイプがあり、前者は扱うメールの数が膨大になります。また、BtoCではネットショップやロイヤリティプログラムなどの機能が重要になり、マーケティングオートメーションもそれに対応したものが必要になります。

顧客情報のデータベースを管理

現代はインターネットの普及で、従来型のマーケティング手法が限界を迎えており、如何に人手を介さずに商談を開拓するかがカギとなっています。そして、顧客情報の収集を如何に効率化できるかが、企業間競争に勝つポイントとなっています。また、インターネットの普及で、購買層の半数以上が検討段階を既に終えています。それ故、わざわざベンダーに依頼して、顧客情報の収集に当たる必要がありません。また、BtoBの場合は顧客企業の意思決定プロセスが、ボトムアップ型にシフトしており、現場担当者の裁量度合いが増しています。そして、現場では役に立つ情報の提供を重視しており、役立つ情報が提供できる企業との取引を望んでいます。このような背景から、マーケティング機能の強化が必要となり、見込み客のデータベースを管理することが重視されているわけです。